デリケートゾーン(アソこ)の黒ずみ・臭いを治すには!

MENU

デリケートゾーン(アソこ・陰部・ビラビラ・性器)の黒ずみを治すには!

 
デリケートゾーン(アソこ・陰部・ビラビラ・性器)の黒ずみを治すには?目次

デリケートゾーン(アソこ・陰部・ビラビラ・性器などの呼称もあります)の黒ずみに悩む女性向けの美容アイテムや対策について

デリケートゾーン(アソこ・陰部・ビラビラ・性器)を含む様々な部位の黒ずみの原因メラニンですので、このメラニンをいかに増やさないようにするかが大きなポイントとなります。メラニン自体は適正な量であれば人体には必要なものですし、全くなければそれも問題になりますが、逆に増えすぎてしまっても黒ずみやくすみの原因となりますから、何らかの対策をとる必要があります。

メラニンが増えすぎてしまう原因としては、敏感な部位であるために、うっかり洗い過ぎたり脱毛後のケアを怠ったりすることによって、肌が傷付いたままで放置されてしまい、それによってメラニンが増加し活性化してしまうことになります。また逆に不潔なままでも汚れがたまって炎症を起こしたり、化繊の下着によってかぶれたり摩擦で傷付いたりしても黒ずみの原因となります。元々黄色人種である日本人は、白人よりもメラニンの量が多く黒ずみやすいのに加えて、生まれつき日本人としては色の黒い人も、1番メラニンの量が多いとされている黒人に多少似通ってくるため、他の人よりも黒ずみを起こしやすいと言われています。

そこでそのようなデリケートゾーン(アソこ・陰部・ビラビラ・性器)の黒ずみの悩みを解消してくれるのが、無添加のイビサクリームです。

無添加のイビサクリーム

イビサクリーム公式HPはこちら

イビサクリームには、黒ずみの元となるダメージの原因を取り除いた後に、スキンケアをする働きも兼ね備えています。イビサクリームにはメラニンの生成を抑制するトラネキサム酸と、肌の調子を整えるグリチルリチン酸2Kという二大薬用成分を含んでおり、黒ずみケアと美肌作りをダブルでサポートしてくれるのです。トラネキサム酸は医薬部外品ですので副作用の心配もありません。その他にも天然由来の植物由来の成分が、メラニンの生成を抑制する働きをしてくれますし、8種類の保湿成分によって、しっかりデリケートゾーンの保湿をしてくれますので、デリケートゾーンを清潔で理想的な状態にキープしてくれます。

 

イビサクリームは医薬品ではありませんので即効性があるわけではないのですが、その代わり敏感なデリケートゾーンの肌に負担をかけることなく、ゆっくりと徐々に改善されていくように作られています。肌のターンオーバーは1回で約28日間あるのですが、ターンオーバーのタイミングに合わせてイビサクリームを塗ることと、ターンオーバーを繰り返すことを3回済ませる、つまり約3ヶ月間クリームを使い続ければ、黒ずみの改善効果を実感することが出来ると言われています。1回のターンオーバーのサイクルに使っただけで、まだ効果が出ないからと言って使うのを止めてしまう人もいますが、それは非常に勿体ないことですので、是非長いスパンで見て使い続けていただきたいと思います。

私のデリケートゾーン(アソこ・陰部・ビラビラ・性器)の黒ずみの悩み改善体験談!

私自身、思春期の頃からデリケートゾーン(アソこ・陰部・ビラビラ)の黒ずみに悩んできました。元彼氏に「遊んでるんだろ!」と言われて別れの原因にもなりました。黒ずみに経験なんて関係ないというのがネットで知って、黒ずみを改善できるならとたくさんの商品を使ってみましたがどれも全くダメでした・・・

 

このイビサクリームを知ったのはちょうど1年前です。スマホで調べていた時に同じ悩みの方がこのイビサクリームで改善できた!とい口コミを見て、半信半疑でしたが、藁にも縋る思いで購入して使用してみました。新しい彼氏ができて、前みたいに言われないかと悩んでそういう雰囲気にならない様にしてきました。反対にそれで嫌われないかとホントに悩みました。

 

イビサクリームを使用して2か月目くらいから、明らかにあそこの黒ずみが見て取れるように薄くなっているのがはっきりとわかりました。毎日チェックしていたので違いははっきりと判りました。これならいけるかも!と思い、思い切って前から誘われていた彼氏と温泉旅行に出かけました。そこでの彼氏との初〇のときには、ホントに心臓が飛び出るくらいドキドキしてしまいました。

 

彼氏に旅行帰りにさりげなく聞いてみた時、すごくキレイだった、と言ってもらった時にはホントに幸せでした。それから現在までイビサクリームを利用し続けています。今は販売元のイビサビューティー信頼していますので、イビサソープとイビサデオドランドも毎日使っています。毎日の彼氏との〇がホントに楽しいです!

 

イビサクリーム公式HPはこちら

 

 

デリケートゾーン(アソこ・陰部・ビラビラ・性器)の黒ずみを治すにはイビサクリームがおすすめ!

 

デリケートゾーン(アソこ・陰部・ビラビラ・性器)の黒ずみを治すにはイビサクリームがおすすめ!

イビサクリーム脱毛サロンが開発したデリケートゾーンの黒ずみやくすみ対策専用の薬用美白クリームです。2016年1月の検索ワード「デリケート・美ケア商品」のインターネット調査による顧客満足度と、2014年のイビサクリーム来店者モニター調査5段階評価による、デリケートゾーンクリーム人気No.1となっています。デリケートゾーンケア専門チームが開発したイビサクリームは、女性のデリケートゾーン対策には欠かせないものとなりつつあり、1人でも多くの女性に使ってもらおうということで、28日間の返金保証期間を設けています。内容量約35g、約1ヶ月分を試すことが出来るのです。スーパー銭湯や温泉での着替え時の周囲の視線が気になったり、恋人に嫌われないかと心配したり、可愛い水着を着たいので夏までに間に合わせたいと思っている女性等、脱毛後の黒さやビキニラインの黒ずみに悩んでいる女性や、デリケートゾーンが黒ずんでいる人は遊んでいる人という、誤った通説に苦しんでいる女性等には、是非使っていただきたいクリームですね!

 

イビサクリームには、メラニンの生成の抑制と潤い成分の供給により肌を整える働きがあります。黒ずみをケアして美白してくれるトラネキサム酸と、肌荒れを防止して肌の調子を整えてくれるグリチルリチン酸2Kの働きにより、黒ずみ・くすみの解消と予防のサポートをしてくれます。また保湿・抗炎症・美白等に効果のあるサクラ葉抽出液や、カモミラエキス・ダイズエキス・オウゴンエキスという4種類の植物エキス、高い保水力と保湿力のヒアルロン酸ナトリウム(2)、ヒアルロン酸以上の高保湿力のシロキクラゲ多糖体、抗菌・保湿効果の乳酸ナトリウム液と1,2-ヘキサンジオール・1,2-ペンタンジオール、保湿と殺菌抗菌効果のローズ水、乾燥予防と保湿効果のBG、保湿後の肌をソフトにしてくれるグリセリンの他、8種の成分を配合しています。

二つの薬用成分で美白x肌荒れ防止!

トラネキサム酸・・・黒ずみを薄くし、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促す成分
グリチルリチン酸2K・・・お肌のニキビ、荒れを防止。沈静化しお肌を整える成分

もちろん肌への安全性のために香料・着色料・鉱物油・アルコール・パラベンが無添加で、国内の工場に於いて完全国産による製造工程と衛生環境の徹底管理を行いながら、常に細心の注意を払われつつ製造販売されています。

 

デリケートゾーン(アソこ・陰部・ビラビラ・性器)の黒ずみに!イビサクリームの使用感・体験談の口コミレビュー!

 

イビサクリームを使用した人の使用感等に関する口コミを、3例ほどご紹介していきたいと思います。あくまでも個人の感想ではありますが、購入の参考にいていただければと思います。

 

イビサクリームの使用感・体験談の・1人目の人の口コミ!

約15cmのコンパクトデザインと上品なビジュアルなので、他の人からはデリケートゾーンの美白クリームだとはわからないため、友人との旅行やお泊りに行く時等に特に重宝しており、サイズやビジュアルには文句なしに満足しているそうです。またクリームの伸びがとても良く、毎日塗り続けて本気で治したいと思えるクリームで、使用している時の感触の良さも気に入っているとのことです。リピートして気長に使い続け、夏までに自信を持って肌を出せるようにしたいとも言っています。朝と晩に塗ればいいだけなので大変楽であるし、毎日欠かさずにケアすることでキレイな肌を目指すには、これほど最適なクリームはなく、脱毛サロンが開発したクリームである点からも、信頼度は高いとも言っています。

 

イビサクリームの使用感・体験談の2人目の人の口コミ!

この人はお泊りにも、この1本で全身ケアが出来るのが便利なだけでなく、イビサクリームはデリケートゾーン等の黒ずみや、くすみ・ざらつきを改善してくれるケアクリームだと思うと言っています。美白ケアと保湿ケアが同時に出来るため、夏に向かう肌の露出が増えるこれからの時期に向けて、使っていきたいクリームだとのことです。本来ならば化粧水・乳液・美容液・クリームパックが要るところが1本で済み、全身これ1本でケアが出来るのも凄いと思うとも言っています。この人は素足に自信を持ちたいとのことで、膝や足のコウの手入れに使っているそうですが、塗った後にサラッとしていてベタつかない使用感が最高だとも言っています。この様なアイテムは継続して使わないと効果がわからないので、地道に使い続けたいのだそうです。

 

イビサクリームの使用感・体験談の3人目の人の口コミ!

この人はモニターでの使用で、イビサクリームが日本で1番売れているデリケートゾーンの美白に効果があること、メラニンの生成の抑制と植物成分による保湿が出来て、無添加なので敏感肌にも使えること、デリケートゾーン以外の全身のケアにも使えることを評価しています。白色で柔らかいテクスチャーのクリームなので1円玉位のクリームを手にとり、朝晩1回ずつ塗ればいいというのも気に入っているそうです。とても良い使用感でクリームがサラサラしているので、少量でも伸びが良くベタつきがないのも良いと思うと言っています。クリームを塗った後に最初の内は白っぽくなるけれど、馴染ませることで透明になっていくので気にならないとのことです。黒ずみがどれだけ黒ずみが消えるかが楽しみなので、使い続けたいと思っているそうです。

 

デリケートゾーン(アソこ・陰部・ビラビラ・性器)の黒ずみの原因は?

 

ここでは、デリケートゾーン(アソこ・陰部・ビラビラ・性器)の黒ずみの原因についてお話していきたいと思います。元々顔や脇等の皮膚の薄いところは、スキンケアや脱毛によって刺激を受けやすい部位なので、メラニンの増加でシミができたり黒ずんだりしやすいのは確かなのです。デリケートゾーンの場合も角質層が薄く、下着やナプキン等の摩擦によっても刺激を受けやすいため、やはり黒ずみの原因となります。またこれは医学的根拠のない誤った通説なのですが、性的な経験が多いと黒ずむという説が流布しており、それを真に受けて気にする女性も多いと言われています。

 

デリケートゾーン及びその周辺で黒ずみが発生しやすいのは大陰唇・小陰唇・お尻だとされていますが、特に小陰唇の黒ずみに悩む女性が多いとのことです。デリケートゾーンにも顔や脇のように加齢やホルモンバランスの変化により、メラニンによって黒ずみが目立つことがありますので十分な注意が必要です。先程お話した下着やナプキン等が原因の摩擦や炎症等によるダメージを避けるためには、化学繊維を使った下着及び身体に密着するジーンズ等の着用を控え目にし、ナプキンやおりものシートは小まめに取り替えて、かぶれや炎症が起こらないようにし、お風呂に入った際にも適度に洗って清潔にしておくことが大切です。

 

デリケートゾーンの黒ずみに悩み、こんなに黒ずんでいるのは自分だけなのではと悩む女性も多いようですが、日本人を含む東洋人(黄色人種)は多くの場合、乳首やデリケートゾーンが、西洋の白人女性と比較しますと、黒ずんでいる傾向にあるのだそうです。ですので、東洋系の女性の乳首やデリケートゾーンの一部は、メラニンの活動が活発で黒ずみやすいというわけなのです。ちなみに1番メラニン活性が高いのは黒人で、その次が黄色人種、1番低いのが白人だとのことです。しかし同じ日本人の中にも個人差があって、白人のようにあまり黒ずまない人も、日本人の平均以上に黒ずんでしまう人もいます。そして日本人女性で1番多いのが日焼けすると一旦肌が赤くなり、その後に肌が黒くなるタイプであり、乳首やデリケートゾーンが茶色や薄茶色になってなってしまうタイプだということです。

 

メラニン色素は遺伝や年齢によっても違いが出るそうですが、先程もお話したように、性的な経験の多い少ないということによって、デリケートゾーンが黒ずんでしまう等ということは、全く何の根拠もない出鱈目な通説ですので、全く気にすることはないということを重ねて強調しておきたいと思います。

 

デリケートゾーン(アソこ・陰部・ビラビラ・性器)の黒ずみの除去には?

 

デリケートゾーンの黒ずみの除去には自宅で簡単にケアの出来るセルフケアと、クリニックや病院で医師の指導や施術によって治療する方法とがあります。自宅で行える方法としては除毛クリームを使ったり、摩擦のない木綿の下着を履き、ナプキンやおりものシートは小まめに取り替え、入浴時に忘れずに洗うこと等が考えられます。但し洗う際に、あまりゴシゴシ力を入れてしまいますと、逆に肌を傷付けることになってしまいますので、石けんで軽く洗った後にシャワーで流す程度で良いと思います。お風呂に毎日入るのであれば、それで十分だと思われますし、石けんの使用は安全性やコスパの面からは理想的と言えます。

 

またシェーバーやクリームによる除毛は、足のスネ等のように皮膚の厚い部位なら慎重に剃毛すれば差し支えありませんが、デリケートゾーンのように皮膚の薄いところを、自力で自己流に剃毛を行うことにはリスクを伴いますので、どうしても気になる人でも、毛先だけを少しづつカットするに留めた方が良いと思います。しかし自己処理には限界がありますから、出来るだけのことは行った上で脱毛サロンやクリニックで脱毛をしてもらったり、美白用のクリームを医師から処方してもらうという方法が、1番良いのではないかと思います。

 

とは言うもののサロンやクリニックの利用には費用もかかりますから、自力で黒ずみ対策をしたいという人には時間はかかりますが、食生活の改善をすることをお勧めしたいと思います。要は偏りのない栄養バランスの摂れた食生活であれば良いのですが、何に含まれるどんな栄養素が何に効果があるかを知っておいて、食事を摂ることが大切であるという意味で、これから順番に具体的にお話していきたいと思います。

 

まず肉類・魚介類・乳製品等の動物性タンパク質と、豆類・芋類・小麦粉・白米・麸等の植物性タンパク質ですが、これらの栄養素には肌のターンオーバーを正常化させ、肌本来の美しさを引き出す働きがあります。タンパク質は新しい肌作りには欠かせない栄養素ですので、忘れずに摂って欲しいと思います。またビタミンAは肌の免疫力や抵抗力をアップさせ、デリケートゾーンの黒ずみの解消と美肌にも効果があり、レチノールを多く含むウナギ・チーズ・卵・レバー・牛肉等に、カロテンを多く含む食材には、人参・カボチャ・ほうれん草等の緑黄色野菜があります。

 

次にビタミンCは、メラニン色素の抑制・酸化防止・コラーゲンの生成・肌の新陳代謝の促進に効果があり、主に柑橘系の果物に多く含まれています。次に亜鉛についてですが、亜鉛は肌のターンオーバーの正常化やメラニンの代謝の抑制に効果があり、カキ‥煮干・海苔・タラコ・ゴマ等に多く含まれています。次にビタミンEには抗酸化作用と血行促進・肌の代謝アップに効果があり、アボカド・ナッツ類・青菜・ごま油・オリーブ油等に多く含まれています。次にビタミンBは肌のターンオーバーの正常化と、新しい細胞の生成に効果があり、納豆・アーモンド・タラコ・ウニ等に多く含まれています。最後にビタミンB6はタンパク質の代謝に不可欠で、肌の新陳代謝(皮脂の分泌)を抑制する効果があり、ニンニク・マグロ・鶏挽き肉やささみ・かつお・さんま・しめじ・サツマイモ等に多く含まれています。以上が、デリケートゾーンの黒ずみの除去や予防に効果のある栄養素や食材、及び効果や働きの主な特徴です。

 

脱毛したらデリケートゾーンの黒ずみが・・・!?

 

ここでは、デリケートゾーン(VIO)の脱毛後に黒ずみを見つけた場合の対処法等について、お話していきたいと思います。アンダーヘアの脱毛や処理をして黒ずんでしまうことはよくあると思いますが、それは脱毛をすれば必ず黒ずんでしまうということではありません。身体の部位に係わらず黒ずみというのは、元々メラニン色素が沈着してしまうためにできるものですが、脇やデリケートゾーン等皮膚の弱い部位では、脱毛やシェーバー等という外部からの刺激によって、肌が傷付いてしまうことで、その傷付いた肌を守ろうとして、いつも以上にメラニンが作り出されてしまうことが原因と考えられます。

 

メラニンとは本来紫外線等から肌を守ってくれるはずのものですが、スキンケアを怠ると黒ずんでしまうということはよくあります。脱毛をしたことで安心してしまい、そのままケアをせずに放置してしまったり、自己流の処理で肌を傷付けてしまうことが黒ずみの原因となるのです。また脱毛サロンやエステ等でVIOの脱毛をして、その跡が黒ずんでしまう人もいますが、それも脱毛をしたからではなく、施術後のケアが不十分であることが多いのだそうです。一方クリニックで医療レーザー脱毛した場合でも、一時的に軽い炎症を起こした様な状態になっていますので、そのまま放置しておきますと乾燥した状態が続くことになりますので、元から敏感なデリケートゾーンの肌は、いつも以上にメラニン色素を作り出しやすくなってしまうのです。ですので、このような状態を避けるためには、脱毛後の肌にメラニンが沈着しないように十分保湿をする必要があります。乾燥こそ、黒ずみの原因の1つだからです。

 

また脱毛により一時的に傷付いた肌は、ターンオーバーが低下してしまっている可能性が高いので、古い角質が残ったままとなって黒ずみの原因となる場合があります。この黒ずみと肌のターンオーバーを正常に戻す効果のあるクリームとして、人気が高いのが美容液のヴィエルホワイトや美白クリームのホスピピュア、黒ずみ対策用クリームのイビサクリーム等となっています。またレーザー脱毛は毛以外の黒いものにも反応して焼くようになっていますので、小さい黒ずみであれば、レーザーで一緒に焼かれることによって、目立たなくなるというメリットも有り得ます。脱毛サロンやクリニックでの脱毛は費用がかかるので、なるべく自己処理で済ませたいという場合でも、保湿効果のある美容液やクリームをつけて、忘れずに保湿ケアをしていただきたいと思います。